福生市の粗大ごみ、不用品、廃品回収します。粗大ゴミ処分は環境クリーンサービス

福生市の粗大ごみ、不用品、廃品回収は福生市で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
   福生市の粗大ごみ、不用品、廃品回収は福生市で最安の環境クリーンサービスにお任せください!

            

             


福生市の粗大ごみ回収・不用品回収・廃品回収は
環境クリーンサービスにお任せください!!


福生市で粗大ごみの処分にお困りでしたら環境クリーンサービスへご連絡ください。少量の不用品回収でしたらお電話にてお見積もりをいたします。また大量の不要品がある場合でも福生市なら即日対応~行っておりますので急な片付けなどもご相談ください。またわからないことなどありましたらお気軽にご相談ください。


福生市の粗大ごみ、不用品、廃品回収は福生市で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
福生市の粗大ごみ、不用品、廃品回収は福生市で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
福生市
牛浜 加美平 北田園 熊川 熊川二宮 志茂 東町 福生 福生二宮 本町 南田園 武蔵野台
の粗大ごみの回収・処分・承ります!
大量処分の方は対応範囲外でも承ります。



福生市の粗大ごみ、不用品、廃品回収  どんなゴミでも即日処分・廃棄します 環境クリーンサービス
所在地 東京都西東京市芝久保町2-14-43
代表   越智義昭
TEL 090-4129-5636

営業時間AM7時~PM9時




福生市の粗大ごみ情報
不用品として福生市に粗大ごみを出す場合には事前に連絡して出す不用品の数量や品物などを正確に伝えます。また福生市にある廃棄物処理券取扱所で処理券を購入します。収集日は朝8時30分までに家の前などに運び出します。福生市で不用品の処分はこういった方法出来ますが、買取はしていません。買取などの不用品回収は民間業者の環境クリーンサービスへご相談ください。

福生市の豆知識
福生(ふっさ)市は、都心から西へ約40キロメートル、武蔵野台地の西端に位置しています。地形の特徴としては、市の東側から多摩川に向かって河岸段丘が緩やかに続き、市内に分布する段丘面の境には崖線が連なり、その斜面には地下水が流出し、各所で湧水が見られます。また、地質は大部分が関東ローム層(火山灰が堆積したもの)に覆われています。JR福生駅を中心に市街地が広がり、東は立川市・昭島市・武蔵村山市、西は多摩川を隔ててあきる野市、南は八王子市、北は羽村市・瑞穂町に隣接しています。福生市の東北部には米軍横田基地があり、基地面積は市域の約32%を占めています。

福生のあゆみ
福生不動尊遺跡から出土した遺物や長沢遺跡の集落跡から、縄文時代早期にあたる約1万年前から人間の活動が展開されはじめ、縄文時代中期にあたる約5~4千年前には大規模な集落が形成され、生活が営まれていたといわれています。そして11世紀には、武蔵七党・西党の小川氏の系図の中に、初めて「福生」の名が登場しました。

室町時代は、八王子城主北条氏照の支配下にあり、江戸時代に入ると福生村は天領に、熊川村は天領・旗本領に分かれて統治され、幕末まで続きました。

廃藩置県後、韮山県や神奈川県に属し、明治22年(1889年)の市町村制の施行により、福生村・熊川村は組合役場を設け、共同で事務処理をすることとなりました。その後、明治26年(1893年)には東京府に編入され、翌年、青梅鉄道の福生駅が開設されました。また、大正14年(1925年)には、福生~五日市間のバスの運行と五日市鉄道が開通し、福生は西多摩地域の玄関として、活気を呈すようになりました。明治~大正~昭和に至る福生は、酒造と製糸を地場産業とし、養蚕を中心とした農村地帯として発展していきました。

昭和14年(1939年)から2年間にかけて、市の東北部に旧日本陸軍飛行場(多摩飛行場)がつくられ、人口が増加し、昭和15年(1940年)に福生村・熊川村が合併して福生町となりました。戦後は米軍横田基地を中心に発展を遂げ、商店街が賑わいましたが、昭和37年(1962年)頃から「基地の町からの脱皮」が真剣に考えられ、同年、首都圏整備法による市街地開発区域の指定を受け、都市計画が進められました。

昭和45年(1970年)に、地方自治法の一部改正により人口38,749人の福生市が誕生しました。その後は計画的なまちづくりが行われ、市民会館・福祉センター・茶室・中央図書館・体育館・リサイクルセンター・公園・道路・公共下水道の完成など、市民生活に必要な施設が高水準となり、市民の健康づくりや文化・ふれあい活動が年々盛り上がりをみせています。

平成12年(2000年)から、第3期総合計画がスタートし、都市基盤・生活基盤から、市民生活の質的向上へと、ACC(アクティブ・クリエイティブ・チャレンジング)を合い言葉に、様々な施策を積み重ねています。すべての市民が「福生市を愛し、ここに住む喜びと誇り」を実感できる、夢と希望をもった新たな福生市のまちづくりを推進しています。


福生の名前の由来
福生市の名前の由来については、大きく3つの説があります。
1)麻の古語である総(ふさ)・房(ふさ)からきたもので、麻の生える地-総生(ふさふ)から転訛を繰り返してフッサとなり、漢字を当てたとする説。
2)かつて東日本にアイヌ人が住んでいたと考えられており、アイヌ語の「湖のほとり」という意味の「フッチャ」が転訛を繰り返してフッサとなり、漢字を当てたとする説。
3)「阜沙(ふさ)」からきたとする説。阜とは丘とか土山の意で、沙とは砂原・川岸の意があり、福生の地形や地質がそれによく合っていることから呼ばれるようになったという説。