清瀬市の粗大ごみ、不用品、廃品回収します。粗大ゴミ処分は環境クリーンサービス

清瀬市の粗大ごみ、不用品、廃品回収  どんなゴミでも処分・廃棄します
   清瀬市の粗大ごみ、不用品、廃品回収  どんなゴミでも処分・廃棄します

            

             


清瀬市の粗大ごみ回収・不用品回収・廃品回収は
環境クリーンサービスにお任せください!!


清瀬市で不用品が出たら環境クリーンサービスへご相談ください。お客様のご都合のよい時間に回収しにお伺いします。料金なども電話で簡単なお見積もりをしますので安心してご連絡ください。また一人ではとても片付けられないほど溜まってしまった不用品も当社では袋詰め作業などもオプションで行っておりますので是非ともご利用ください。不用品回収のことなら何でもご相談ください。


清瀬市の粗大ごみ、不用品、廃品回収  どんなゴミでも処分・廃棄します
清瀬市の粗大ごみ、不用品、廃品回収  どんなゴミでも処分・廃棄します
清瀬市
旭が丘 梅園 上清戸 下宿 下清戸 竹丘 中清戸 中里 野塩 松山 元町
の粗大ごみの回収・処分・承ります!
大量処分の方は対応範囲外でも承ります。



清瀬市の粗大ごみ、不用品、廃品回収  どんなゴミでも処分・廃棄します 環境クリーンサービス
所在地 東京都西東京市芝久保町2-14-43
代表   越智義昭
TEL 090-4129-5636

営業時間AM7時~PM9時





清瀬市の粗大ごみ情報
清瀬市役所のホームページでは不用品をゆずります、譲ってくださいなどリサイクル情報が書いて掲示してあります。清瀬市で不用品処分にお金を掛けたくない!って場合にはこんな方法で処分するはいかかですか?それでも処分出来ない場合や時間がない場合には是非環境クリーンサービスまでご相談ください。


清瀬市豆知識
清瀬市域に最初の人類が現れたのは、ヴュルム氷期の約2万年前である。下宿強清水(したじゅくこわしみず)遺跡と野塩西原遺跡にその痕跡を残している。縄文時代に入ると、人口は中期を頂点にして増えたが、後期以降は皆無に等しくなった。その後平安時代中期までこの状態が続いた。人口が増える平安時代後期になっても、居住地域は柳瀬川に近い現在の野塩、中里、下宿にとどまっていた。この時代はまだ井戸を掘る技術が発達しておらず、深い井戸を掘ることが難しかったために川に近い場所に人が集まったものである。

足利尊氏が幕府を開くと、信濃国佐久郡大石郷を本拠地としていた大石氏が勢力を伸ばしてくることになる。大石氏は木曽義仲の末裔とされ、大石信重が1356年5月に戦功により足利氏から武蔵国の入間郡と多摩郡の13郷に領地を与えられた。信重は現在の八王子市と青梅市の中間にあたる場所に居館を定めた。
15世紀後半大石氏は柳瀬川の対岸、現在の所沢市に滝の城を設営した。戦国時代になり、甲斐武田氏の勢力が伸張してくると、後北条氏と組み、後北条氏の領地とした。後北条氏の勢力下に入ると、滝の城か対岸の清戸下宿(小字岡)かはっきりしないが、清戸番所が設けられた。清戸番所は現在の関東地方北部に向かう軍事的な要所をなした。滝之城は豊臣秀吉の小田原攻めの際に落城し、今は「滝之城跡」として残るのみである。

明治維新により江戸幕府が倒れると、間もなく清瀬を含む地域に武蔵県が設けられた。この県は廃藩置県で設けられることになる県と違い、天領、旧幕臣領といった幕府直轄の領地だった場所を県と呼ぶことにしたに過ぎない。しかし、1869年1月から2月にかけて新たに品川県が設けられ、清瀬市域は品川県に編入された。名前が変わっただけで、実態は変わっていない。1871年4月の廃藩置県で3府306県が設けられると、清瀬市域は東京府と入間県に分かれて編入された。しかし、同年11月に東多摩郡を除いた多摩郡が、神奈川県に編入された。

1889年4月1日、明治政府は新たに町村制を施行し、上清戸村、中清戸村、下清戸村、清戸下宿村、中里村、野塩村を合わせて北多摩郡清瀬村とした。しかし、この合併は他の多くの自治体同様すんなりと行われたわけではない。特に清戸下宿、中里、野塩の各村からの反対が多かった。これは地味や地租の問題が絡んでいたと見られている。