中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収はお任せ!粗大ゴミ処分は環境クリーンサービス

中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収は中野区で最安の環境クリーンサービスにお任せください!

中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収は中野区で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
   中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収は中野区で最安の環境クリーンサービスにお任せください!


    


中野区の粗大ごみ回収・不用品回収・廃品回収は
環境クリーンサービスにお任せください!!


中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収は北区で最安の環境クリーンサービスにお任せください!中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収は北区で最安の環境クリーンサービスにお任せください!

環境クリーンサービスは無駄な費用を可能な限り削っているため、どこよりも安く回収できております!
もし当社お見積もりが他社よりも高かった場合は一度ご相談ください!
環境クリーンサービスが安いワケ

品物の料金は全て決まっておりますので、料金が不安な方は事前に回収料金表をご確認ください。
なお、リサイクル家電のリサイクル料金も全て回収料金に含まれておりますのでご安心ください。

中野区で不用品回収や廃品の廃棄などありましたらGJへご相談ください。ちょっとした物から大量の不用品回収までどんなことでもおまかせください。料金なども電話で簡単なお見積もりをいたしますので電話だけでもお気軽にご連絡ください。


中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収は中野区で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収は中野区で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
中野区
新井 江古田 江原町 上鷺宮 上高田 鷺宮 白鷺 中央 中野 沼袋 野方 東中野 本町 松が丘 丸山 南台
大和町 弥生町 若宮
の粗大ごみの回収・処分・承ります!
大量処分の方は対応範囲外でも承ります。




中野区の粗大ごみ、不用品、廃品回収  どんなゴミでも即日処分・廃棄します 環境クリーンサービス
所在地 東京都西東京市芝久保町2−14−43
代表   越智義昭
TEL 090−4129−5636

営業時間AM7時〜PM9時




中野区の粗大ごみ情報
中野区では不用品のリユースを目的としてフリーマーケットを開催しています。開催は月2階で第1土曜と第3土曜の午前10時からです。出品出来る不要品は衣類や雑貨などになり、食料品や生き物などの販売は出来ません。中野区で不用品回収に出す前に一度利用してみてはいかがでしょうか?リサイクル市で売れなかった物などは不用品回収環境クリーンサービスにお任せください!

中野区の豆知識
中野区は、東京23区の西部にあり、地形的には武蔵野台地の一角に位置する。中野区内には、東西に鉄道が数多く通っている。また渋谷区、新宿区、豊島区など大繁華街を有する区とも隣接しており、鉄道以外にもバスも渋谷駅・池袋駅から中野区内を結ぶ路線があるなど利便性も高い。

産業は、江戸期においては、畑作を中心とする近郊農業と、味噌・醤油醸造など食品工業が整備され、江戸町民の旺盛な食料消費を支える立場にあった。明治以降、都心からの転居者などにより人口が増加する。特に1923年の関東大震災以降は、住宅地化が急速に進み、昭和40年代までに農地はほとんど姿を消した。明治以降、工業化もある程度進んだが、企業城下町のような工業的発展はなく、密集した住宅地としての性格が強い。住宅と同様に明治以降、都心から移転してきた寺が多く、また、区に隣接する落合斎場との相乗効果もあり、葬祭関連の産業もみられる。その他商業、企業のオフィス街としての発展は、第二次世界大戦以降それなりにあったが、中野区は東京都でも指折りの住宅密集地区であり、道路都市基盤が脆弱であるため、都心、副都心地域や都心隣接の下町地域のような商業地区化には至らなかった。中央線沿線地区を中心に専門学校が数多く存在する。また、昭和30年以降、多くの漫画家が住み成功を収めた為現在でも漫画・アニメーション製作は、隣接する杉並区と並んで盛んである。

道路率は13.9%で23区中20位(2006年4月1日現在)。狭幅員道路率は84.0%で23区中最下位と、道路都市基盤が脆弱なのが中野区の特徴である。

中野ブロードウェイ
正式名称は「中野ブロードウェイセンター」である。地下1階と地上1階は、食料品や日常生活雑貨を中心とする商店街。地下1階には、駐車場、商店街、スーパーマーケットの西友が入店している(この西友は他の西友店舗に比べて極めて狭い)。地上2階から4階は、漫画、アニメ、アイドル、音楽、おもちゃ、サブカルチャー、メイド喫茶、レンタルショーケースといったマニア向け、オタク向けの店舗がおよそ半数以上入店する商業店舗街であり、日々多くのマニアたちが世界中から訪れる。漫画古本などのマニア・おたく向け商品店の「まんだらけ」、高級オーディオ・ビジュアル機器専門店の「フジヤエービック」、大型書店の「明屋書店」、自費出版専門店の「タコシェ」などが入店している。このため「オタクビル」「魔の巣窟」の異名を持つ。
マニア向け専門店のほかに、輸入雑貨店、美容院、ネイルサロン、飲食店、洋服店、寝具店、ペットショップなども入店しており、女性客の利用も多く、世代を問わず多くの買い物客、観光客で賑わう。地上4階は医院、調剤薬局などが入店するクリニックモールとして計画されていたが、現在はまんだらけと店舗倉庫が大部分を占めており、倉庫部分は「開かずのシャッター」となっていることも多い。