立川市の粗大ごみ、不用品、廃品回収します。粗大ゴミ処分は環境クリーンサービス

立川市の粗大ごみ、不用品、廃品回収は立川市で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
   立川市の粗大ごみ、不用品、廃品回収は立川市で最安の環境クリーンサービスにお任せください!

            

             


立川市の粗大ごみ回収・不用品回収・廃品回収は
環境クリーンサービスにお任せください!!


環境クリーンサービスでは立川市で今日中に回収して欲しい、他社のお見積もりより安くして欲しい、などお客様のご要望にお応えいたします。小さなことから大きなことまで立川市の不用品回収ならどんなことでもお任せください。


立川市の粗大ごみ、不用品、廃品回収は立川市で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
立川市の粗大ごみ、不用品、廃品回収は立川市で最安の環境クリーンサービスにお任せください!
立川市
曙町 泉町 一番町 柏町 上砂町 幸町 栄町 柴崎町 砂川町 高松町 錦町 西砂町 羽衣町 富士見町 緑町
若葉町
の粗大ごみの回収・処分・承ります!
大量処分の方は対応範囲外でも承ります。



立川市の粗大ごみ、不用品、廃品回収  どんなゴミでも即日処分・廃棄します 環境クリーンサービス
所在地 東京都西東京市芝久保町2−14−43
代表   越智義昭
TEL 090−4129−5636

営業時間AM7時〜PM9時




立川市の粗大ごみ情報
不用品を処分ではなく誰かに譲りたいけどリサイクルショップなどでは買取ってもらえない。そんな時には立川市が行っている不用品交換情報に掲載してみてはどうですか?譲りたい方または譲り受けたい方の条件は立川市在住で営利目的ではない方になります。詳しくは立川市の生活安全課消費生活センター係にお問い合わせください。ここで譲れないような物は立川市の環境クリーンサービスへお任せください。

立川市の豆知識
立川市は、東京都のほぼ中央、西よりに位置しており、多摩地域の中心部分にある。
市域の南側には東西に流れる多摩川が、北側には武蔵野台地開墾の源となった玉川上水の清流が流れ地形は平坦です。
JR立川駅周辺は商業や業務などの機能が集まり、市域の中央部分には国営昭和記念公園や広域防災基地、自治大学校などがあるほか、国の省庁移転による拠点整備も進められている。また、市域の北部は都市農業や武蔵野の雑木林など緑豊かな地域を形成しています。

【立川の人口】
平成21年4月1日現在
世帯数 82,862世帯
人口 177,526人(男性88,775人・女性88,751人)
【商業・業務】
立川市は国から首都圏の「業務核都市」に位置づけられ、商業や業務などの集積が図られると共に、文化、防災などの広域的な都市機能が整備され、拠点とされている。
基地跡地を利用した「ファーレ立川」は商業・業務中心のビルが立ち並び、世界核各国からの109ものアート作品が街と一体になって新しい都市空間を創出しています。また、JR立川駅の周辺には歩行者専用のペデストリアンデッキが整備され、有名デパートや大型スーパーなどが数多くあり、多摩地域の商業の中心となっています。
【主な歴史】
「立川市」の名前の由来は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて、豪族「立河(立川)」氏が館を構えて住んでいたところからつけられたといわれている。
その頃の有力な武士は、住んでいた土地の名を氏(うじ)としていたことが多く、立河氏が勢力をふるう以前から立川という地名はあった物と伝えられる。。
その由来は、普済寺の付近に館(たち)があり、その近くを川が流れていたので館川(たちかわ)というようになったという説、府中に国府が置かれていた頃、多摩の山々が横向きにあるのに対して多摩川は縦向き(南北)に流れていた川であり、国府から見て多摩川が流れてくる方向に現在の立川があったのでタテ川、タチ川と呼ぶようになったという説などいくつかの説が存在する。
明治14年に柴崎村から立川村へと改変。1889(明治22)年に甲武鉄道(現在の中央線)が開通し、1922(大正11)年に立川飛行場が開設。1940(昭和15)年12月1日に市制施行。戦後は米軍の「基地の町」として歩みました。1963(昭和38)年砂川町と合併し、その後1977(昭和52)年に立川基地が全面返還されると、基地跡地を利用した新しいまちづくりが開始され、「心のかよう緑豊かな健康都市立川」の実現を目指しています。